TECHNOLOGY

Mechanical grounding

メカニカル・グラウンディング

オーディオシステムでは、すべてのコンポーネントが振動して共鳴し、アナログやデジタルのトランスポートは、モーターやプラッターの回転によって大きな機械的振動を発生します。

最小の振動さえも電子部品や回路基板に大きな影響を与え、システム内で前後に共鳴する新しい不要エネルギーを生成するため、これらの機械的振動に注意することが重要です。

例えば、オーディオシステムでは、スピーカーは最も深刻な振動の源です。
さらに、アンプは電源を駆動する電流によって生じる50 / 60Hzの共鳴を受けます。 DAC、フォノステージ、その他の低電流エレクトロニクスでも内部振動が発生し、他の電子デバイスと比較して、外部の微動や脈動にさらに敏感です。

Ansuz Darkzによる機械振動の防止

ハイエンドオーディオシステムのすべてのコンポーネントを接地する一連の効率的なデバイスとして、Darkz(ダークス)を作りました。それらは機械的に調整されており、振動が部品から外部へ抽出されるようにし、様々な構成要素を個別に隔離した状態に保ちます。

Darkzによって引き起こされた音の改善は、一度体験したら止められません。

Mechanical grounding: High-End System

1.Ansuz Darkz Feet / Darkz / Darkz adjustable

スピーカー

スピーカーは、最も強力な振動の創造者です。とても強力なので、部屋全体を揺らすことができます。当然、スピーカーと機器類の両方を同じフロアボードに置きたくはありません。あるスピーカーからの振動が、他のスピーカー、電子機器、ケーブルにできるだけフィードバックを与えないようにしたいと考えます。
その方法は、Darkz(ダークス)をスピーカー/スピーカースタンドに使用することです。スピーカーやスタンドのねじ穴にスパイクや脚が取り付けられている場合は、同じ寸法のねじで使用できるDarkz Feetに付け替えることができます。
さらに最高のアップグレードとして、Darkzの上にセラミックボールを挟んでDarkz Feetを配置します。
不均一な床のスピーカーを水平にする調整が必要な場合は、Darkz Adjustableを使用してください。床がそれほど不揃いでない場合は、各スピーカーの下に3つのDarkzと1つのDarkz adjustableの組合せが適切な解決策になります。

Darkz Diamondがスピーカーに与えるものを超えるアップグレードに興味があるなら、セラミックボールを間に挟んで最初の層の上にDarkzをスタッキングする重ね置きをお勧めします。

2.Ansuz Darkz Cable lifters
スピーカーケーブル

ほとんどの人が気付いていないことは、しばしば、部屋の共鳴として聞こえるかもしれないものが、実際にはケーブルによって拾われる振動だということです。室内からの振動がケーブル、主にスピーカーケーブルに伝達されると、振動はケーブル内の電子に新たなエネルギーを作り出します。このエネルギーはケーブル内を両方向に移動しています。そのうちのいくつかはスピーカーに直接戻って、もう一方の方向には、フィードバック回路がこの追加信号を入力信号の差動信号と見なし、そのため補償しようとするアンプの出力に、それらは共鳴や歪みとして聞こえます。

もちろん、それらがマイクロフォンのように動作しないように、ケーブルの振動を停止させたいと考えます。それがDarkz Cable lifterができることです。振動を接地し、導体の誘導を止めており、これがDarkz Cable lifterがほとんどのケーブルリフトとはまったく違うところです。ほとんどのケーブルリフトはケーブルを床から離すだけなので、振動の影響を受けやすくなってしまいます。

使用法は、床上を走っている各ケーブルの半メートルごとに1個のDarkz Cable lifterの設置を推奨します。ケーブルをフロアから完全に持ち上げる必要はありません。ケーブルがリフター間で床に触れても、悪影響はありません。最も重要なリフターの位置は、アンプ側とスピーカー側のケーブルが最初に床に設置する場所です。

スピーカーケーブルのグラウンディングをさらにアップグレードしたい場合は、Darkz Cable Lifter間の距離を狭くすることです。トップレベルのDiamondを選んだ場合、Anuz Darkzの上にケーブルリフターを置き、その間にセラミックボールを挟んで積み重ねることをお勧めします。

3.Ansuz Darkz Adjustable
ラック

残念ながら、多くのオーディオラックはスパイク脚を使用しています。スパイクは床からの振動を拾うカートリッジのように働くので、Ansuzにとって意味をなさないものです。代わりに、ラックが部屋から持ち上げているすべての振動と、その中に配置している機器から振動を取り除きたいとします。Darkz Adjustableをラックのスパイク脚に使用すると、最適なグラウンディングが保証され、ラックの高さを正確に調整することもできます。どちらも重要です。

ラックシステムのアースをさらに向上させるには、Darkz Adjustable Diamondを一段目の層にして、Darkz Adjustableの下にDarkzの別の個体を置き、セラミックボールを挟んでそれらを重ねることをお勧めします。ラックの設計がこれを可能にするならば、Darkzは棚の間で美しく動作します。

4.Darkz
プリアンプ
D / Aコンバーター

ほとんどの電子機器は、ゴム製の足を装着した「使いやすい」ものにしています。柔らかい素材の上に何らかの機器を置かないことを強くお勧めします。柔らかい素材は振動を吸収するだけではありません。ゴム製の足は振動を吸収し、エネルギーを再びコンポーネントに戻して破壊的な共鳴を与えます。

アンプに最適な環境を作り出すには、3つのDarkzを設置することをお勧めします。可能であれば、Darkzの1つを電源/トランスの下に直接置き、他の2つはアンプが安定するように設置します。アンプの付属脚が非常に高く、Darkzを置いても脚が棚から持ち上がらない場合は、Darkzをセラミックボールでスタッキングすることをお勧めします。いずれにしても、これは常に強力なアップグレードとなります。

注意; お互いの上に直接コンポーネントを置かないでください!別々の棚に各機器を設置して、Darkzを置いてください。

5.Darkz
パワーアンプ

アンプには強力な電源が装備されているため、電源システムからの50 / 60Hz共鳴発生の影響が大きくなります。同時に、スピーカーから部屋に伝わって来る振動にはアンプが敏感です。明らかにアース接地は内部および外部の振動を排除するために重要です。
(4.5.参照)

6.Ansuz Darkz / Darkz Adjustable
ターンテーブル

ターンテーブルはアースとの絶縁が最も重要です。カートリッジは溝から微妙な振動をピックアップしています。論理的には、ターンテーブルのシャーシから振動を排除すると同時に、他のコンポーネントからカートリッジに入る振動を最小限に抑えたいです。

すべてのターンテーブルは、音響フィードバックと振動が再生を妨げるのを防ぐために、何らかの組み込みのアイソレーションを持っています。それらのメカニックのほとんどは微調整されており、混乱することはありません。ターンテーブルのアイソレーションが脚に埋め込まれている場合は、Darkz / Darkz Adjustableの1つまたは2つの層をシャーシの真下に置き、元の脚をバイパスするようにしてください。多くの場合、それは大きなアップグレードを与えるでしょう。もうひとつの方法は、Darkz Adjustableをオリジナルの脚の下に設置することが適切な解決策です。

最良の効果を得るには、ターンテーブルの下にセラミックボールで仕切られたDarkzの2つの層を強くお勧めします。

7.Ansuz Darkz
CD-トランスポート

CDプレーヤー / トランスポートは、回転しているディスクのために非常に多くの振動を発しているので、プレーヤー自身にとって有害であるだけでなく、システム内の他のコンポーネントにとっても有害です。適切なアース接地で共振を排出することは、CDプレーヤー / トランスポートにとって非常に重要です。CDメカニズムをグラウンディングするには、メカニズムの中心のすぐ下に3つのDarkzのうちの1つを配置するのが最も効率的です。いくつかのケースでは、シャーシが十分に強くないため、これは不可能です。その場合、Darkzをコーナーに近づける必要があります。

他の機器と同様に、Darkzを2つ重ねてセラミックボールを挟んで設置することは強力なアップグレードです。

Darkzについての詳細は、4.の記事を参照してください。

8.Ansuz Darkz
パワーディストリビューター

近年、Ansuzは電源の供給にもっとも注力してきました。電源システムのセットアップは非常に重要です。言うなれば、ここが基となり電気が流れて音楽が再生されます。また、電力分配器は十分な注意を払う必要があり、そのためには効果的なグラウンディングが必要です。ここでは50 / 60Hzの共鳴の影響が非常に強いので、Darkzの効果が非常によく判ります。

Mainz 8 D/A Distribution Bar(日本未発売の電源ボックス)を使用している場合は、これは4つのDarkzにセラミックボールを理想的に挟んだDarkz Feetが装備されていることがわかります。

9.Ansuz Cable lifters
電源ケーブル

スピーカーケーブルの場合と同様に、接地が必要です(2.を参照)。電源ケーブルについても同様です。 50 / 60 Hzのサイクルに起因する振動を、ケーブルから機械的な経路を離れるようにすることが重要です。同時に、私たちは部屋/床から放射される振動から分離したいと考えています。

Cable Lifterは、セラミックボールを挟んでDarkzに積み重ねられるように設計されています。